負け組に送る、死なないための心得

○年前、ビットコインロングしたまま初対面のオジサンと相撲を見に行き、オジサンの痴情のもつれの愚痴を聞いた挙句帰ったらロスカしてた僕です、こんにちは。

今回は、負けが込んでる人がまず死なないための心得を書いていこうと思います。

一撃で今までの負けを取り返すための方策でも、お金を儲ける手段でもないです。

個人的にはフルレバ張るなら、片っ端からオンカジに登録して2ドルベット乱打してたほうがRR良いと思います。

これ無料でやりました。

それはさておき本題へGO

超重要:負け額を決める

わかります、わかりますよ。

そんなこと言ってる場合じゃないっておもったそこのあなた。

分かるんです。

10万負けてるときに千円勝ったって大して変わらないって思いますよね?

1000万負けの一万円勝ちでもいいです。

でもそう言って、その何十倍も結果負けていませんか?

そう、残酷ですが、どんだけ必死でやっても負けます。

それでやめられないのであれば、負けを織り込んでおくしかありません

こっちで書いてありますけど、

待てずに勝手下まで行くと全額消えますよね。

でも、ストップかられてぴえんも嫌だし待ってるとこまで来ないと損した気分になるわけじゃないですか。

そうしたら、最初から負けていい額を決めておきませんか?

正確に言えば、同じエントリーをn回出来る分の損失を織り込むというとわかりいいですかね?

チャート見ると考えるのをやめてしまう人のために、別の例で話しますね。

織り込むという事

例えばアイアムは学生時代に学費盗まれちゃって、一か月寝ずに働いても体壊して終わってしまい、最終的にパチスロで返したんですが、この段階で

  • プロの友達に習う
  • 見てもらって結果を出す
  • アレンジをする
  • 独り立ちをする

というプロセスを踏んでいます。

でもそんなに待てないって言う人も多いと思うんです。

↑のプロセスが一番最短だと思いますが、それでも無理だったら、

同じ打ち方をして何回負けても繰りかえせるか

は最低限計算しておくべきです。

パチスロの例に戻りますと、当時4号機というものがあって、○○○回転まで回すと必ず当たって○○開店までに連荘率が○○%あるという機種が割とありました。

ちょっと夜学の専門学校だったので、21時まで学校で、そこから閉店まで打つのと、朝から学校まで打つという二毛作でやっていたのですが、夜が上記の台をとにかくぶん回すという事をしていました。

で、21時について23時閉店だとして、打てる時間は二時間です。

当たりまで2万円くらいの台出来た位置が+なら当然打ちますが、この時に事前に考えていることは、

・最大当たらなかったらかかるお金

・連荘しなかった場合の損失

・これを自分の資金で何回出来るか

という3つのことでした。

まず、当たるのに必要なお金がないと打てません。

次に、最悪の場合失うお金をすでに損金として脳内処理をしておきます。

仮に2万円とします。

2万負けて同じ打ち方が二度とできないのならば、もう破産ですよね。

次にその台に巡り合ってもその期待値は自分のものにはなりません。

しかし、n回打てる資金でやったらどうでしょうか?

個人的には体感20回分くらいですが、そのくらいあれば、期待値が多少振れても基本勝てます。

これで勝てない場合はそもそも期待値がマイナスか、下振れで死ぬ程度の低いものだったという事です。

で、これが出来ないというのは何かって言うと、

投げやりな気持ち

です。

負けを織り込んで防げること

わかります、必死ですよね。がんばってマスよね。

でも、同じロットを二回張れないくらい負けちゃったら、もう一回仕切りなおすより、心中選んじゃってませんか?

その瞬間は確かに筋が通ってます。

でも、11万取り返すのに1万円無くしたら、次は12万円です

ロットかPIP数で無理しなきゃいけなくなりますよね。

しかし、1万勝ってたらどうですか?

次は10万です。

そして、もし負けたとして、1万円全部じゃなくて、500円とか1000円とかだったらどうですか?

あと何回か同じ勝負できますよね?

無理にロットを上げなくても、同じ期待値が追えます、リスクも増えません。

もう一点、負けを織り込んでおけば、エントリーに融通が利きます。

どういうことかはつぎでドン。

帯のところまで30PIP下だと思ってください(メモリの部分切り取り忘れた)

例えば、10万円持っててこうなったとしますよね。

10ロット張ってたらこの時点で死んでいます。

ここで損失額を決めておくと頑張れます。

さっきのスロットの例だと20回死ねる分でやってたので、20回死ねる分だとします。

そうすると一番下の帯まで来たら、5000円死ぬと設定してみましょう。

0.16666666ロット(手数料とか考えたら0.16)張れます。

仮にこれで1円上がれば16000円増えるので、同じことをしても5800円まで負けられます。

負けても同じことが20回出来ます。

ロットも0.19枚張れます。

これで結構よくないですか?

勝手にゼロかにならずに、祈ることもなくお金が増えます。

で、これで20回負けるなら、期待値マイナスという事を認めざるを得ませんよね。

何よりも自分がわかりますよね。

更に分割エントリーとかやるとよりリスクは減らせますが、たまさんかやぎさんが書くと思うので今回は置いておきます。

あきらめないってのはこういう事だと思う

勝つために重要なことは、

祈る事でも、人の発言に傷つくことでもなく、失敗しても戦える状況を残しておくことだと思います。

そのためには、戦い続ける必要がありますが、状況が悪くなるほど祈らなければならなくなります。

祈って何とかなるなら、既に何とかなっています。

であれば、死なない状況を作って戦ってみてはいかがでしょうか?

そこはとっくにクリアしていて、エントリーとかを何とかしたい人はこちらでおけ

俺でも一発当てたい人は下のリンクからオンカジへGO

ブログランキングに参加しております。面白かったらぽちっとお願いします。
 にほんブログ村 為替ブログへ