オンカジの一体型ボーナスはなかなか疲れるって話

オンラインカジノの入金ボーナスのうち、一体型ボーナスはなかなか出金条件が厳しいです。

だいたい20~30倍ベットしないといけないのですが、それを難しくしているものがあります。

1,消化率がゲームによって異なる事

2,ベットで切るロットに制限がある場合がある事

この2つが主な障害になります。

今回はラッキーデイズでやってみました(そんなにお勧めできないのでリンクは張らないです)が、過酷な戦いでした。

過去にこの悲劇があったところでもあります。

オンカジ三日間戦争~消えた10万円~

今回使ったボーナス

入金額の50%クレジットがもらえるボーナスで、1万円入金して、15000円で回し始めました。

ラッキーデイズでボーナス消化をする場合、基本的にはスロット専門と考えておいてください。

なぜなら、ベット制限が600円だからです。

ライブカジノで最大600円なんてお話にならないので、スロットで行くしかないやつです。

ジョイカジノなんかはそこの制限緩かったですが、最近お亡くなりになりました。

苦しい戦いであった

結論から書くと、33000円弱、294ドル換金できました。

倍になったのでよしなんですが、

こんだけ爆発させてようやくだったので、かなり疲れました。

一体型ボーナスのメリットとデメリット

一体型ボーナスのメリットは、普段より大きなロットで回せることです。

もしくは飲まれ前提で遊ぶ原資の確保にはいいと思います。

デメリットは勝ち逃げが極端に難しい事です。

今回の場合だと、出金まで15万円かける必要があり、最大で600円までしかかけられないという縛りがついてます。

その結果、ますます入金して等倍ベットしたらいつでも出金できるミスティーノが最強なのでした。

昨日事故った

ブログランキングに参加しております。面白かったらぽちっとお願いします。
 にほんブログ村 為替ブログへ